ブログ

墨田区ゆかりの人物

Pocket
LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ここでは墨田区ゆかりの人物を何名か紹介していきたいと思います.
主に、松尾芭蕉、葛飾北斎、勝海舟、森鴎外、芥川龍之介などがいます。

『おくのほそ道』で有名な松尾芭蕉は、江戸時代の俳諧師であり、
「蕉風」と呼ばれる芸術性の高い句風(季語などの研究)を
確立し、世界的にも知られている日本史上最高の俳諧人です。

『富嶽三十六景』で有名な葛飾北斎もこの墨田区出身の人物です。
江戸時代後期の浮世絵師の巨匠、また日本風景版画の創始者とされています。
3万点を超える作品を発表し、世界的にも著名な画家です。
『北斎ギャラリー』と呼ばれる通りには、北斎の絵を鑑賞しながら
街歩きをされる人が多く見られます。

勝海舟はみなさんよくご存知の人物ではないでいしょうか。
幕末期の政治家であり、高輪の薩摩藩邸において
西郷隆盛と会見し、江戸城無血開城に成功したことで
有名な人物です。

『舞姫』で有名な森鴎外は近代を代表する文学者・医学者です。
ドイツに留学経験のある森鴎外の作品、
『舞姫』以外にも『うたかたの記』や『文づかい』『大発見』から
ドイツ時代の彼を見て取ることが出来ます。

芥川龍之介は数々の有名な作品をこの世に残しています。
『羅生門』や『蜘蛛の糸』『地獄変』など高校の教科書にも
教材として使われています。

どの偉人たちも、墨田区には石碑として残されています。
墨田区の偉人めぐりをするのも、歴史が好きな人にとっては
良いのではないでしょうか。

関連記事