ブログ

墨田区の歴史

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

墨田区は1947年に北側の向島区と南側の本所区がひとつになり、誕生しました。
墨田という名前は、昔から広く人々に親しまれてきた隅田川堤の通称「墨堤」の「墨」と、
隅田川の「田」から2文字をとって「墨田区」となりました。

この墨田区、人類の歴史が始まった紀元前6千年ころは、まだ海底だったようです。
長い年月をかけて、東京湾北に入り江がひきはじめ
秩父連峰、三国山脈、日光連山などを水源とする河川が運んできた土砂が、
河口に堆積して土砂が生まれました。
それが、今の墨田区の基盤となっているそうです。
戦後焼け野原だったこの地もだんだんと、家が建ち工場も立ちました。
そして産業のまちとして発展していったのです。

明治時代には墨田区も、首都東京の一部として、その役割を果たしていきます。
工業地帯化した墨田区は、紡積、精密工業、石鹸、製靴が盛んで
大正時代には輸出向けとして、玩具製造、ゴム工業などが発展していきました。
そして交通綿では、今の総武線が乗り入れるなどして相次いで交通網が
開けていったようです。

ですが、大正時代の関東大震災でとても大きい被害を受けました。
それでも時間をかけ復興し、今の墨田区があります。
今この姿があるのは
度重なる災害にも負けずに、頑張ってきた人たちの証ですね。

関連記事